性能と品質

熊本で注文住宅やリノベーションを手がけるみたてせつけい舎がめざす家づくりは「夏涼しく冬暖かい」という快適性と、「丈夫で強い」という安心性を当たり前にすること。培った技術で高気密・高断熱を追求しながら、自然エネルギーを活かすパッシブデザインも取り入れ、特許技術の制震装置で地震などの揺れにも強くし、さらには自然素材の特性を活かし、第三者点検を徹底することで施工品質も高める。あらゆるアプローチで“理想の住まい”を実現しています。

夏涼しく
冬暖かい家

日本の家の造りは、部屋を個別に空調するという考えが主流でした。しかし、部屋から部屋に移動する際に急激な温度変化により、「ヒートショック(血圧が大きく変動することによる、失神、心筋梗塞、脳梗塞など)」を起こす恐れがあります。
みたてせつけい舎がつくる家はすべて高気密・高断熱の家。断熱材で住まいをまるごと包み込み、空気が逃げやすい窓を小さくしたり、複層窓にすることで外からの寒い空気が入ってこないように、そして中で温めた空気が外に逃げないようにし、「夏涼しく冬暖かい」家をつくります。

寒冷地でも耐えうる家

日本は南北に細長い国。北海道と沖縄では気候が大きく異なります。熊本県は、比較的穏やかな気候ではありますが、夏は猛暑にもなれば、冬に大雪が降ることも。そんな気候の中でとても重要になってくるのが断熱性能です。
みたてせつけい舎の家は、国の定めた断熱性の基準「UA値(外皮平均熱貫流率)」が寒冷地である東北の基準(0.56)をクリアしています。UA値とは、簡単に言うと「建物から逃げる熱の量」のことで、数値が低いほど断熱性能の高さを表します。冬の寒さだけでなく、夏の暑さも凌ぎやすい省エネ性能で、光熱費もしっかり抑えられる快適な家を実現しています。

HEAT20 G2
をめざした家づくり

HEAT20とは、深刻化の一途をたどる地球温暖化とエネルギー問題に待ったをかけるべく発足した組織の呼称です。住宅の省エネルギー化をさらに進めていくために、建築物の断熱などの技術に着目し、健康維持と快適性向上のための先進的技術開発や高断熱の住宅の普及を目的としています。
みたてせつけい舎の家はHEAT20のG2水準を推奨仕様としております。気密・断熱を高めた家づくりで、夏も冬も心地よい快適な生活を実現します。

ZEH

ゼロエネルギー住宅も
実現可能です

家の性能と品質を追求するみたてせつけい舎では、「使うエネルギー」をできるだけ少なくし、「創るエネルギー」をできるだけ多くすることで、家で消費するエネルギー(電気・ガス)をゼロにできる“ゼロエネルギー住宅(ZEH)”の実現も可能です。
断熱性能と気密性能を極限まで高めて省エネ化を図り、暮らしの中で使用するエネルギー消費量を減らし、太陽光発電による「創エネ」で再生エネルギーを利用。これらを合わせることで、快適に末永く暮らすことのできるゼロエネルギー住宅(ZEH)が誕生します。そしてこのZEHは補助金などの特典にもつながります。

パッシブデザイン

PASSIVE DESIGN

パッシブデザインとは、太陽の光や熱、風などの「自然エネルギー」をそのまま活用して、快適な住まいをつくろうとする設計思想や手法。 必要に応じて自然の光や風を上手に利用し、健康的な暮らしを叶えます。

1太陽光

季節ごとで変わる太陽の位置を考えた「庇」。太陽が高い暑い夏場には日射を遮り、太陽が低くなる冬場には屋内へやさしい光を届けます。

2太陽熱

土間などに用いられた蓄熱材(コンクリートやタイル貼り)が、日中に太陽熱を吸収し、夜に放熱していくので、室内温度の変化をゆるやかに。

3風の出入り

風の出入りと通り道を考えた設計で空気をコントロール。涼しい風は下から取り込みやすくし、温もった空気は上から逃がしやすくします。

4樹木

周辺にやさしい冷気(そよ風)をつくる樹木。南側に広葉樹を植えれば、生い茂った葉が夏の日射を遮り、葉が落ちる冬は室内に光を届けます。

丈夫で強い家

耐震等級3の家

耐震等級とは地震に対する建物の強さを表す指標です。みたてせつけい舎が行うのは、最高ランクである「耐震等級3」の家づくり。この基準は、消防署や警察署などの防災拠点となる建物にもとめられる耐震性で、日本の住宅では最高レベルの頑強さを意味します。建築基準法で遵守がもとめられた耐震等級1の建物と比べて1.5倍の強度を誇り、震度6強から7の地震であっても倒壊しないといわれる、丈夫で強い住まいです。

全棟に実施する
構造計算

みたてせつけい舎の家づくりでは、つくりあげる住まい全棟に構造計算を実施しております。この計算を行っておくことで、地震荷重だけでなく、風や積載、積雪などの様々な荷重に対して強い家づくりを行うことができます。多角的にこだわり抜いた丈夫な住まいで、どうぞ安心してお過ごしください。

地震に強い
「耐震+制震」の家

建築基準法の耐震の定義は「震度5以下の地震に対しては大きな損傷はせず、震度6以上の大地震に対しては居住者の生命を守る(倒壊しない)。」というもの。つまり、決して「家が壊れないようにする」ことではなく、余震で倒壊する危険性には全く触れられていません。耐震等級を上げることは、簡単に言うと建物を「堅く」することで、それは建物内部に伝わる衝撃が逆に大きくなることも意味します。

だから、みたてせつけい舎の家には、特許技術でつくられた世界最高品質の制震装置をオプションにより組み込むことができます。これは地震などの揺れや衝撃を和らげ、家を傷めないようにする技術。繰り返しの作動でも性能低下がなく、余震のような何度も発生する振動エネルギーをしっかりと吸収し続けます。制震装置はメンテナンスフリーで20年保証。半永久的に地震に備えられ、新築だけでなくリフォームや耐震改修でも施工できます。

耐震のみ

筋かいや合板などでガッチリと固めることにより地震の衝撃力を逃がせず、弱い部分に力がかかり建物を痛めてしまうことも。一度大きな衝撃を受け、地震に抵抗する耐力壁を損傷すると、壁の内部がガタガタになり余震に耐える力が残っておらず倒壊するケースもあります。

耐震+制震

みたてせつけい舎の家は、建物への衝撃(地震エネルギー)を制振装置で熱に変えて吸収する住まい。地震の揺れを軽減させて衝撃を和らげ、家を傷めないようにする技術で、建物損傷が軽減されるため繰り返される余震にも有効とされています。

徹底した
第三者点検

施工状況確認検査

世の中には施工品質が原因で、新築にもかかわらず不安要素や欠陥をともなって建ってしまう家が少なからず存在します。そのような事態を防ぐため、みたてせつけい舎では重要な施工工程に第三者機関JIOによる確認検査を入れ施工品質の向上を徹底しています。
通常、工務店では瑕疵保険付保のための「 基礎配筋検査」と「躯体検査」のみを行うのが一般的ですが、みたてせつけい舎では、以降の「追加外装下地検査」「断熱材検査」「完工時検査」という計5回の第三者点検を実施。熊本市で建てるみなさまの住まいに、資産性や永続性を高める家づくりを確立しています。

JIOの確認検査

まずは住宅のプロに相談したい!

無料の個別相談

お金のこと、土地のこと。
まずはご相談を!

資金計画も土地探しも大変!失敗リスクを回避するためにも住宅のプロに相談するのが一番です。「お金はどれくらいかかるの?」「どんな土地を探せばいいの?」など、気になることやお悩みを何でもお気軽にご相談ください。住宅のプロが丁寧にお応えいたします。

お電話でのお問い合わせ

営業時間10:00~18:00/ 定休 水曜

お問い合わせフォーム

無料相談を予約する

実際に見たい!聞きたい!

無料の見学会や
勉強会

家づくりを知る
大切な機会です!

実際に建つお家を内覧できる「完成見学会」や、家づくりで後悔しないために大切なことをお伝えする「家づくり勉強会」など、マイホームを建てる上で重要なイベントを随時無料で開催しています。ご自身の理想のイメージを明確にするためにも、まずはお気軽にイベントへご参加ください。

お電話でのお問い合わせ

営業時間10:00~18:00/ 定休 水曜

無料イベントはこちら

最新のイベント情報

みたての家〈 注文住宅 〉

「暮らしの最適化」をコンセプトにしたデザイナーズ注文住宅。暮らしに広がりを感じる住まいを、建築家が描きます。

みたての家

みたてのリノベ

元の姿形からは想像もできないような無限の可能性を描き、将来の暮らしに新しい価値を見出すリノベーション。

みたてのリノベ

夢のマイホームへの
はじめの一歩。
まずは無料のイベントや
個別相談へ! 

住宅購入で失敗しないためには知らないといけないことが山積み...後悔されることのないよう、まずはお気軽にイベントや個別相談へ。すべてご参加無料です!

ACCESS